このサイトは、Braveブラウザのプロジェクトに参加しています。Braveブラウザは新しいインターネットの形を提案するブラウザです。

   =>詳しくはこちら(Braveとブラウザとは)

データエンジニアリングとWebアプリで未来を変える

Brighten up your day

with NP-Systems

NP-Systemsのブログ

お知らせや技術的なこと、ツイートの集計、備忘録などを更新していきます。

製造業において、Pythonに加えてWebも活用して飛躍しよう

作成日時:2020年11月28日

0 最近、製造業におけるPythonの導入が進んでます。自動化やアプリケーション制作に便利ですし、今後もこの勢いは止まらなそうです。 ところが、私は実務担当として工場でPythonを導入して5年になるのですが、近年はWeb技術を使用すること […]

もっと読む

【まったく新しい最高のブラウザ】Braveブラウザでインターネットの仕組みとありかたを変えよう。

作成日時:2020年11月1日

+2 これはただのプラグインではありません。Louis Armstrong によって歌われた最も有名な二つの単語、Hello, Dolly に要約された同一世代のすべての人々の希望と情熱を象徴するものです。これはただの記事ではありません。R […]

もっと読む

現場からの報告。製造業でAI/IoTを活用するために必要だと思うこと

作成日時:2020年10月22日

+7 製造業に勤めるエンジニアから見た製造業でAI/IoTを活用するために必要だと思うことです。  はじめに 「2025年の崖」と言われているように、製造業にとってデジタルトランスフォーメーションが喫緊の課題となっております。新興国が品質と […]

もっと読む

31.怪盗捕縛

作成日時:2020年9月28日

0 「だが、明智君。」 警視総監は、説明が終わるのを待ちかまえていたように、明智探偵にたずねました。「きみはまるで、きみ自身が二十面相ででもあるように、美術品盗奪の順序をくわしく説明されたが、それはみんな、きみの想像なのかね。それとも、何か […]

もっと読む

30.種明し

作成日時:2020年9月28日

0 「ですが、わたしどもには、どうもわけがわからないのです。あれだけの美術品を、たった一日のあいだに、にせものとすりかえるなんて、人間わざでできることではありません。まあ、にせもののほうは、まえまえから、美術学生かなんかに化けて観覧に来て、 […]

もっと読む

29.名探偵の狼藉

作成日時:2020年9月28日

0 「え、え、きみは何をいっているんだ。何もぬすまれてなんかいやしないじゃないか。ぼくは、つい今しがた、この目で陳列室をずっと見まわってきたばかりなんだぜ。それに、博物館のまわりには、五十人の警官が配置してあるんだ。ぼくのところの警官たちは […]

もっと読む

28.午後四時

作成日時:2020年9月28日

0 少年探偵団のけなげな捜索は、日曜、月曜、火曜、水曜と、学校の余暇を利用して、忍耐強くつづけられましたが、いつまでたっても、これという手がかりはつかめませんでした。 しかし、東京中の何千人というおとなのおまわりさんにさえ、どうすることもで […]

もっと読む

27.少年探偵団

作成日時:2020年9月28日

0 翌朝になっても明智探偵が帰宅しないものですから、るす宅は大さわぎになりました。 探偵が同伴して出かけた、事件依頼者の婦人の住所がひかえてありましたので、そこをしらべますと、そんな婦人なんか住んでいないことがわかりました。さては二十面相の […]

もっと読む

26.怪盗の巣くつ

作成日時:2020年9月28日

0 賊の手下の美しい婦人と、乞食と、赤井寅三と、気をうしなった明智小五郎とを乗せた自動車は、さびしい町さびしい町とえらびながら、走りに走って、やがて、代々木の明治神宮を通りすぎ、暗い雑木林の中にポツンと建っている、一軒の住宅の門前にとまりま […]

もっと読む

25.名探偵の危急

作成日時:2020年9月28日

0 「ええ、なんだって、あの野郎をひっさらうんだって、そいつあおもしれえ。ねがってもないことだ。手つだわせてくんねえ。ぜひ手つだわせてくんねえ。で、それはいったい、いつのことなんだ。」 赤井寅三は、もうむちゅうになってたずねるのです。「今夜 […]

もっと読む

24.二十面相の新弟子

作成日時:2020年9月28日

0 明智小五郎の住宅は、港区竜土町の閑静なやしき町にありました。名探偵は、まだ若くて美しい文代夫人と、助手の小林少年と、お手伝いさんひとりの、質素な暮らしをしているのでした。 明智探偵が、外務省からある友人の宅へたちよって帰宅したのは、もう […]

もっと読む

23.「わしがほんものじゃ」

作成日時:2020年9月28日

0 「この人でした。この人にちがいありません。」 小林君は、キッパリと答えました。「ハハハ……、どうだね、きみ、子どもの眼力にかかっちゃかなわんだろう。きみが、なんといいのがれようとしたって、もうだめだ。きみは二十面相にちがいないのだ。」  […]

もっと読む

22.二十面相の逮捕

作成日時:2020年9月28日

0 「あ、明智さん、今、あなたをおたずねするところでした。あいつは、どこにいますか。」 明智探偵は、鉄道ホテルから五十メートルも歩いたか歩かぬかに、とつぜん呼びとめられて、立ちどまらなければなりませんでした。「ああ、今西君。」 それは警視庁 […]

もっと読む

21.トランクとエレベーター

作成日時:2020年9月28日

0 名探偵は、プラットホームで賊をとらえようと思えば、なんのわけもなかったのです。どうして、この好機会を見のがしてしまったのでしょう。読者諸君は、くやしく思っているかもしれませんね。 しかし、これは名探偵の自信がどれほど強いかを語るものです […]

もっと読む

20.巨人と怪人

作成日時:2020年9月28日

0 美術城の事件があってから半月ほどたった、ある日の午後、東京駅のプラットホームの人ごみの中に、ひとりのかわいらしい少年の姿が見えました。ほかならぬ小林芳雄君です。読者諸君にはおなじみの明智探偵の少年助手です。 小林君は、ジャンパー姿で、よ […]

もっと読む

19.悪魔の知恵

作成日時:2020年9月28日

0 ああ、またしてもありえないことがおこったのです。二十面相というやつは、人間ではなくて、えたいのしれないお化けです。まったく不可能なことを、こんなにやすやすとやってのけるのですからね。 明智はツカツカと部屋の中へはいっていって、いびきをか […]

もっと読む

18.不安の一夜

作成日時:2020年9月28日

0  日下部左門老人が、修善寺でやとった自動車をとばして、谷口村の「お城」へ帰ってから、三十分ほどして、明智小五郎の一行が到着しました。 一行は、ピッタリと身にあう黒の洋服に着かえた明智探偵のほかに、背広服のくっきょうな紳士が三人、みな警察 […]

もっと読む

17.名探偵明智小五郎

作成日時:2020年9月28日

0 ネズミ色のトンビに身をつつんだ、小がらの左門老人が、長い坂道をチョコチョコと走らんばかりにして、富士屋旅館についたのは、もう午後一時ごろでした。「明智小五郎先生は?」とたずねますと、裏の谷川へ魚釣りに出かけられましたとの答え。そこで、女 […]

もっと読む

16.美術城

作成日時:2020年9月28日

0 伊豆半島の修善寺温泉から四キロほど南、下田街道にそった山の中に、谷口村というごくさびしい村があります。その村はずれの森の中に、みょうなお城のようないかめしいやしきが建っているのです。 まわりには高い土塀をきずき、土塀の上には、ずっと先の […]

もっと読む

15.おそろしき挑戦状

作成日時:2020年9月28日

0 戸山ヶ原の廃屋の捕り物があってから二時間ほどのち、警視庁の陰気な調べ室で、怪盗二十面相の取り調べがおこなわれました。なんの飾りもない、うす暗い部屋に机が一脚、そこに中村捜査係長と老人に変装したままの怪盗と、ふたりきりのさし向かいです。  […]

もっと読む

14.小林少年の勝利

作成日時:2020年9月28日

0 二十面相は、おとし戸のところにしゃがんだまま、今、とりあげたばかりのピストルを、手のひらの上でピョイピョイとはずませながら、とくいの絶頂でした。そして、なおも小林少年をからかってたのしもうと、何かいいかけたときでした。 バタバタと二階か […]

もっと読む

13.奇妙な取りひき

作成日時:2020年9月28日

0 「少年探偵さん、どうだったね、ゆうべの寝ごこちは。ハハハ……、おや、窓になんだか黒いひもがぶらさがっているじゃないか。ははあ、用意のなわばしごというやつだね。感心、感心、きみは、じつに考えぶかい子どもだねえ。だが、その窓の鉄棒は、きみの […]

もっと読む

12.伝書バト

作成日時:2020年9月28日

0 小林少年はふと目をさますと、部屋のようすが、いつもの探偵事務所の寝室とちがっているので、びっくりしましたが、たちまちゆうべのできごとを思いだしました。「ああ、地下室に監禁されていたんだっけ。でも、地下室にしちゃあ、へんに明るいなあ。」  […]

もっと読む

11.七つ道具

作成日時:2020年9月28日

0 小林少年はほとんど二十分ほどのあいだ、地底の暗やみの中で、ついらくしたままの姿勢で、じっとしていました。ひどく腰を打ったものですから、痛さに身動きする気にもなれなかったのです。 そのまに、天井では、二十面相がさんざんあざけりのことばをな […]

もっと読む

10.おとしあな

作成日時:2020年9月28日

0 さすがの怪盗も、これには胆をつぶしました。相手が人間ならばいくらピストルを向けられてもおどろくような賊ではありませんが、古い古い鎌倉時代の観音さまが、いきなり動きだしたのですから、びっくりしないではいられません。 びっくりしたというより […]

もっと読む

9.仏像の奇跡

作成日時:2020年9月28日

0 さて、お話はとんで、その夜のできごとにうつります。 午後十時、約束をたがえず、二十面相の部下の三人のあらくれ男が、あけはなったままの、羽柴家の門をくぐりました。 盗人たちは、玄関に立っている秘書などをしりめに、「お約束の品物をいただきに […]

もっと読む

8.少年探偵

作成日時:2020年9月28日

0 青年運転手を帰すと、ただちに、主人の壮太郎氏夫妻、近藤老人、それに、学校の用務員さんに送られて、車をとばして帰ってきた早苗さんもくわわって、奥まった部屋に、善後処置の相談がひらかれました。もうぐずぐずしてはいられないのです。十時といえば […]

もっと読む

7.壮二君のゆくえ

作成日時:2020年9月28日

0 松野の語ったところによりますと、けっきょく、賊は、つぎのようなとっぴな手段によって、まんまと追っ手の目をくらまし、大ぜいの見ている中をやすやすと逃げさったことがわかりました。 人々に追いまわされている間に、賊は庭の池にとびこんで、水の中 […]

もっと読む

6.樹上の怪人

作成日時:2020年9月28日

0 それから、池の岸で、どんなことがおこったかは、しばらく読者諸君のご想像にまかせます。 五―六分ののちには、以前の松野運転手が、なにごともなかったように、同じ池の岸に立っておりました。少し息づかいがはげしいようです。そのほかにはかわったと […]

もっと読む

5.池の中

作成日時:2020年9月28日

0 賊がピストルを投げだして、外へとびおりたのを見ると、壮太郎氏はすぐさま、窓のところへかけつけ、暗い庭を見おろしました。 暗いといっても、庭には、ところどころに、公園の常夜燈のような、電燈がついているので、人の姿が見えぬほどではありません […]

もっと読む

4.魔法使い

作成日時:2020年9月28日

0 しばらくのあいだ、ふたりともだまりこくって、青ざめた顔を、見あわせるばかりでしたが、やっと壮太郎氏は、さもいまいましそうに、「ふしぎだ。」と、つぶやきました。「ふしぎですね。」 壮一君も、おうむがえしに同じことをつぶやきました。しかし、 […]

もっと読む

3.人か魔か

作成日時:2020年9月28日

0 その午後には、羽柴一家総動員をして、帰朝の壮一君を、羽田空港に出むかえました。 飛行機からおりたった壮一君は、予期にたがわず、じつにさっそうたる姿でした。こげ茶色の薄がいとうを小わきにして、同じ色のダブル・ボタンの背広を、キチンと着こな […]

もっと読む

2.鉄のわな

作成日時:2020年9月28日

0 麻布の、とあるやしき町に、百メートル四方もあるような大邸宅があります。 四メートルぐらいもありそうな、高い高いコンクリート塀が、ズーッと、目もはるかにつづいています。いかめしい鉄のとびらの門をはいると、大きなソテツが、ドッカリと植わって […]

もっと読む

1.はしがき

作成日時:2020年9月28日

0 そのころ、東京中の町という町、家という家では、ふたり以上の人が顔をあわせさえすれば、まるでお天気のあいさつでもするように、怪人「二十面相」のうわさをしていました。「二十面相」というのは、毎日毎日、新聞記事をにぎわしている、ふしぎな盗賊の […]

もっと読む

24.大爆発

作成日時:2020年9月27日

0 二十面相は、十一体の仏像のピストルにかこまれ、明智探偵の監視をうけながら、もうあきらめはてたように美術室の中を、フラフラと歩きまわりました。 「ああ、せっかくの苦心も水のあわか。おれは何よりも、この美術品をうしなうのがつらいよ。明智君、 […]

もっと読む

23.美術室の怪

作成日時:2020年9月27日

0 二十面相がドアをあけて、玄関のホールに立ちますと、その物音を聞きつけて、ひとりの部下が顔を出しました。頭の毛をモジャモジャにのばして、顔いちめんに無精ひげのはえた、きたならしい洋服男です。 「お帰りなさい……。大成功ですね。」  部下の […]

もっと読む

22.逃走

作成日時:2020年9月27日

0 「ハハハ……、何もおどろくことはありませんよ。二十面相は土の下へ逃げたのです。」 明智小五郎は、少しもさわがず、あっけにとられている人々を見まわして、説明しました。「エッ、土の中へ? いったいそれはどういう意味です。」 大鳥氏がびっくり […]

もっと読む

21.きみが二十面相だ!

作成日時:2020年9月27日

0 大鳥氏はびっくりして、キョロキョロと部屋の中を見まわしました。しかし、賊の姿などどこにも見あたりません。 「ハハハ……、ごじょうだんを。ここにはわしたち四人のほかには、だれもいないじゃありませんか。」  いかにも、戸をしめきった十畳の座 […]

もっと読む

20.意外また意外

作成日時:2020年9月27日

0 姿のない声が、ほんものの黄金塔のかくし場所を知っていると言ったものですから、大鳥氏は、もう気が気でなく、三人の店員たちをたちさらせますと、門野支配人とふたりで、大急ぎで畳をあけ、床板をはずし、それから、支配人にそこの土を掘ってみるように […]

もっと読む

19.天井の声

作成日時:2020年9月27日

0 もうこれで安心です。たとえ二十面相が予告どおりにやってきたとしても、黄金塔はまったく安全なのです。賊はとくいそうににせものをぬすみだしていくことでしょう。あの大泥棒をいっぱい食わせてやるなんて、じつにゆかいではありませんか。  賊が床下 […]

もっと読む

18.奇妙なはかりごと

作成日時:2020年9月27日

0 「あと、もう三日しかないぞ。」 てのひらに書かれた予告の数字に、主人大鳥氏はすっかりおどかされてしまいました。 賊は黄金塔の部屋へ苦もなくしのびいったばかりか、ねむっている主人のてのひらに、筆で文字を書きさえしたのです。 板戸と非常ベル […]

もっと読む

17.怪少女

作成日時:2020年9月27日

0 それと知った助手の小林少年は、気が気ではありません。どうかこんどこそ、先生の手で二十面相がとらえられますようにと、神さまに祈らんばかりです。 「先生、何かぼくにできることがありましたら、やらせてください。ぼく、こんどこそ、命がけでやりま […]

もっと読む

16.黄金の塔

作成日時:2020年9月27日

0 二十面相は、いよいよ正体をあらわしました。そして、これからは大っぴらに、怪盗二十面相として、例の宝石や美術品ばかりをねらう、ふしぎな魔術の泥棒をはじめようというわけです。  新聞によって、これを知った東京都民は、黒い魔物のうわさを聞いた […]

もっと読む

15.怪軽気球の最後

作成日時:2020年9月27日

0 「二十面相、空中にのがる」との報が伝わると、警視庁や各警察署はいうまでもなく、各新聞社の報道陣は、たちまち色めきだちました。 時をうつさず、警視庁首脳部の緊急会議がひらかれ、その結果、探照燈によって賊のゆくえをつきとめることになりました […]

もっと読む

14.悪魔の昇天

作成日時:2020年9月27日

0 中村係長は怪盗が何をいおうと、そんな口あらそいには応じませんでした。賊はなんの意味もない、からいばりをしているのだと思ったからです。そこで、屋上の警官たちに、いよいよ最後の攻撃のさしずをしました。 それと同時に、十数名の警官が、口々に何 […]

もっと読む

13.屋上の怪人

作成日時:2020年9月27日

0 明智探偵は何も知らずに話しつづけました。 「あべこべといいますのはね、この事件の犯人は、彼が見せかけようとしたり、広告したりしたのとは、まるで反対なものではないかということです。  つまり、犯人は黒いインド人ではなくて、その反対の白い日 […]

もっと読む

12.さかさの首

作成日時:2020年9月27日

0 明智探偵は、ふたりのインド人に部屋を貸していた洋館の主人春木氏に、一度会っていろいろきいてみたいというので、さっそく同氏に電話をかけて、つごうをたずねますと、昼間は少しさしつかえがあるから、夜七時ごろおいでくださいという返事でした。   […]

もっと読む

11.四つのなぞ

作成日時:2020年9月27日

0 世田谷の洋館でインド人が消えうせた翌々日、探偵事件のために東北地方へ出張していた明智名探偵は、しゅびよく事件を解決して東京の事務所へ帰ってきました。  帰るとすぐ、探偵は旅のつかれを休めようともしないで、書斎に助手の小林少年を呼んで、る […]

もっと読む

10.消えるインド人

作成日時:2020年9月27日

0 ちょうどそのころ、篠崎始君や、相撲選手の桂正一君や、羽柴壮二君などで組織された、七人の少年捜索隊は、早くもインド人の逃走した道すじを、発見していました。  それは小林君が、インド人に、かどわかされる道々、自動車の上から落としていった、少 […]

もっと読む

9.地下室

作成日時:2020年9月27日

0 お話かわって、地下室に投げこまれた小林君と緑ちゃんとは、まっくらやみの中で、しばらくは身動きをする勇気もなく、グッタリとしていましたが、やがて目が暗やみになれるにしたがって、うっすらとあたりのようすがわかってきました。それは畳六畳敷きほ […]

もっと読む

8.少年捜索隊

作成日時:2020年9月27日

0 ちょうどそのころ、篠崎君のおうちの近くの、養源寺の門前を、六人の小学校上級生が、何か話しながら歩いていました。  先頭に立っているのは、篠崎君の親友の、よくふとった桂正一君です。桂君は、学校で篠崎君からこんどの事件のことを聞いたものです […]

もっと読む

7.銀色のメダル

作成日時:2020年9月27日

0 小林君は、まるでキツネにつままれたような気持でした。さいぜん、篠崎家の門前で、自動車に乗るときには、秘書も運転手も、たしかに白い日本人の顔でした。いくらなんでも、運転手がインド人とわかれば、小林君がそんな車に乗りこむわけがありません。 […]

もっと読む

6.ふたりのインド人

作成日時:2020年9月27日

0 さわぎのうちに一夜がすぎて、その翌日は、篠崎家の内外に、アリも通さぬ、げんじゅうな警戒がしかれました。緑ちゃんは、奥の一間にとじこめられ、障子をしめきって、おとうさま、おかあさまは、もちろん、ふたりの秘書、ばあやさん、ふたりのお手伝いさ […]

もっと読む

5.黒い手

作成日時:2020年9月27日

0 そのとき、始君は何を見たのか、アッと小さいさけび声をたてて、おとうさまのうしろの床の間を見つめたまま、化石したようになってしまいました。その始君の顔といったらありませんでした。まっさおになってしまって、目がとびだすように大きくひらいて、 […]

もっと読む

4. のろいの宝石

作成日時:2020年9月27日

0 さて、門の前に遊んでいた女の子がさらわれた、その夜のことです。篠崎始君のおとうさまは、ひじょうに心配そうなごようすで、顔色も青ざめて、おかあさまと始君とを、ソッと、奥の座敷へお呼びになりました。  始君は、おとうさまの、こんなうちしずま […]

もっと読む

3. 人さらい

作成日時:2020年9月27日

0 墓地のできごとがあってから二日の後、やっぱり夜の八時ごろ、篠崎始君のおうちの、りっぱなご門から、三十歳ぐらいの上品な婦人と、五つぐらいのかわいらしい洋装の女の子とが、出てきました。婦人は始君のおばさん、女の子は小さいいとこですが、ふたり […]

もっと読む

2. 怪物追跡

作成日時:2020年9月27日

0 やみと同じ色をした怪物が、東京都のそこここに姿をあらわして、やみの中で、白い歯をむいてケラケラ笑うという、うすきみの悪いうわさが、たちまち東京中にひろがり、新聞にも大きくのるようになりました。  年とった人たちは、きっと魔性のものがいた […]

もっと読む

1. 黒い魔物

作成日時:2020年9月27日

0 そいつは全身、墨を塗ったような、おそろしくまっ黒なやつだということでした。 「黒い魔物」のうわさは、もう、東京中にひろがっていましたけれど、ふしぎにも、はっきり、そいつの正体を見きわめた人は、だれもありませんでした。  そいつは、暗やみ […]

もっと読む

コモディティ化するビックデータ分析と今後求められるスモールデータ分析

作成日時:2020年9月18日

0 ビックデータというのは10年くらい前から言われた言葉で、センサが安価になって多くのデータが得られるようになったり、Web上で多くのデータが得られるようになって言われた言葉です。データの量とマシンパワーで力づくでモデルを構築し、原因を分析 […]

もっと読む

カトリック教会に入ることをためらっているあなたへのアドバイス2

作成日時:2020年1月16日

0 京都にお住まいの40代の女性のクリスチャンの方から、生い立ちと洗礼をうけきっかけについて寄稿いただきました。メッセージは、「キリスト教会に固定観念持っていませんか?教会の敷居は意外に低いんです」です。お子様を育てていらっしゃる時のエピソ […]

もっと読む

「海の豊かさを守ろう!×サーフィンをしていて思うこと」

作成日時:2020年1月7日

0 SDGsについて、静岡で工務店に勤務されているお父さんに寄稿していただきました!趣味はサーフィンだそうです。 SDGsは人類が持続可能な生活を送るための国際目標です。みなさんしってますか〜?? 2015年の9月に国連サミットで持続可能な […]

もっと読む

カトリック教会に入ることをためらっているあなたへのアドバイス

作成日時:2020年1月5日

0 わたしは縁あって夫婦でカトリックの洗礼を受けたのですが、そのときに寄稿していただいた記事を紹介します。あまり洗礼を受ける経緯のようなものを知る機会がないと思いますので、カトリック教会で洗礼を受けようかな、と思っている方のためになれば幸い […]

もっと読む

メンバー

S., Masaya

1987年東京都生まれ。私立大学大学院を修了後(クラスターというナノ物理化学を専攻しました。フラーレンとかカーボンナノチューブとかです)、古河電気工業株式会社に入社。データを活用したプロセス開発に従事し、NP-Systemsを立ち上げる。 データエンジニアリング(Python)が最も得意。その他、Angular,WordPress,Linuxなども利用

学生時代の研究 学生時代の研究 twitter
S., Masaya

S., Nana

1988年三重県生まれ。14歳の時からホームページ作成をはじめ、29歳でWebデザインの専門学校へ入学。卒業後は名古屋のデザイン事務所に勤務

WordPressによるサイト構築及びIllustrator, Photoshopによるデザイン、レタッチが得意。InDesignなどAdobeソフトは常に勉強中

趣味はLineスタンプの作成と手芸、園芸。

「な」のBlog
S., Nana

Information

NP-Systemsは、三重県の桑名市で活動しています。名古屋、四日市であれば出張可能です。その他のエリアの方は、オンライン会議やリモートにて対応させていただきます。 Pythonによるデータエンジニアリング、Angular,WordPressによるサイトやシステム開発。デザインについてお手伝いさせていただきます

連絡先

組織名 Np-Systems
住所 〒511-0000 三重県桑名市
担当 S.,Masaya
連絡先 contact@np-sys.com

Access

location for kuwana

名古屋からJR関西線、近鉄線で30分