GCP(Google Cloud Platform)の特徴を解説。主要サービスの紹介も。

by

クリエイターとエンジニアを応援するNP-Systems@個人開発

GCP(Google Cloud Platform)は、GoogleがGmail,Youtubeなど一般向けに開発しているサービスのバックエンドで使われているクラウド基盤を外部に公開したものです。GoogleはGCPですべてのサービスを運用しており、同じ環境を安価に利用することができます

「Datacenter as a Computer」という言葉に集約されるように、GCPではGoogleの世界中にあるコンピュータをまとめて一つのコンピュータのように扱えるようにするというコンセプトがあり、エンジニアに取って使いやすいサービスとなっています。

歴史

GCPは2008年に公開されたGoogleAppEngineが元になっており、IaaSとして始まったAWSとは異なり当初はPaaSとして導入されました。その後、2011年にGoogleCloudSQL ,GoogleCloudStoragが導入され、2013年にIaaSであるGCEが導入され現在の主要サービスがそろいました。

東京リージョンが開設されたのは2016年であり、まだまだ日本では導入後まもないサービスです

基本概念

GCPではユーザー、課金アカウント、プロジェクトという3つの基本概念があります。ユーザーとは、Googleのサービスを利用するときに利用しているIDのことです。GCP専用のアカウントは存在せず、GoogleアカウントにGCPの情報を紐づけることとなります。プロジェクトとは、GCPの中で機能やサービスを束ねるためのものです。プロジェクト内では各サービスの連携は容易ですが、プロジェクトを跨ぐことは基本的にはできません。さらにプロジェクトには1つの課金アカウントが設定されている必要があり、こちらに対して請求が来る事になります。

コンポーネントについて

GCPには様々なサービスがありますが、代表的なものを下記にまとめました。

分類名称機能
コンピューティングComputeEngineクラウド上で仮想マシンを立ち上げられます。OS以上のレイヤーを自由に設定できる一方で、環境構築やメンテナンスを自分でやらなければならないため上級者向けです。
コンピューティングAppEngineアプリケーションを運用してくれるPaaSサービス。GUIのアプリのホスティングサービス。基本的にはリクエスト受け取り後、60秒以上の処理はできない。ローカルファイルへのアクセスは禁止されている。
コンピューティングCloudFunctions関数ベースでGUIを伴わないサービスについてはこちらで十分。関数プログラムをホスティングできるサーバレスなコンピューテング環境
分類名称機能
ストレージCloud Storageストレージサービス。データ保存だけではなく、HTMLや画像などの静的なデータを直接Webに公開することも可能。バケットと呼ばれるコンテナで管理される。ファイルやフォルダと言ったGCS上のデータはオブジェクトと呼ばれる。オブジェクト数に上限はないが、1オブジェクト5TBまで。
ストレージSQLMySQLなどのリレーショナルデータベース
ストレージFirestoreNoSQLサービス
ストレージBigtableスケーラブルなNoSQLサービス
ビッグデータBigQuery低コストなビッグデータ解析用サービス。SQLでデータ取得可能。読み出しに強いのがSQLとの違い。

その他、様々なAPIが提供されています。

特徴

AmazonやMicrosoftと比較したGoogleの特徴の一つは、インフラを自社で保有していることです。Googleでは、データセンタ、光ファイバ回線などを独自で設計し導入しています。世界規模のクローズトネットワークを保有している数少ない事業者がGoogleですが、これによりサーバ間のデータ転送は極めて高速で可用性に優れているという特徴があります。また、元々、世界中の個人に対してサービスを提供してきた背景から、スケーラビリティと大規模処理に非常に強く大量のデータを保有しているために機械学習などのモデル精度に優れています。日本ではAWSが最も勢いに乗っていると思いますが、独自のサービスやデータに強いというところで一定の存在感を持ったサービスであり続ける可能性が高いです。

サービスアカウントとメンバーについて

https://cloud.google.com/iam/docs/service-accounts?hl=ja

GCPではメンバーとサービスアカウントという概念があります。メンバーはプロジェクトに登録した個々のGoogleアカウント(ユーザーアカウント)とサービスアカウントであり、サービスアカウントはアプリケーションなどで使用される特別なアカウントです。リソースへのアクセスの際はサービスアカウントを介する必要があります。

重要なのは、サービスアカウントを作成するとメンバーにも登録されることです。メンバーを登録してもサービスアカウントは作成されないです。サービスアカウントの方が強いイメージです、

もし証明書を介してリソースにアクセスする際、下記の手順を踏みます。

  • サービスアカウントを作成する
  • そのサービスアカウントはメンバーとしても登録されているので、メンバーの画面から権限を編集
  • サービスアカウントの画面から証明書の発行

という流れになります。確証はありませんが、証明書の権限は発行された際のメ権限を反映しているような挙動になりました。そんなはずはないですが、でもそれで少し詰まりました。おそらく多少はタイムラグがあるということかもしれないです。


About Author: M. Shikishima

@Masaya04997245 会社員をしながら個人でシステム開発をしています.
this is single-default.php
最新記事
同カテゴリの記事 hacks-of-it