このサイトは、Braveブラウザのプロジェクトに参加しています。Braveブラウザは新しいインターネットの形を提案するブラウザです。

   =>詳しくはこちら(Braveとブラウザとは)

軽減税率に伴うインボイス導入を機にシステムを刷新!?

0

2019年10月から軽減税率が導入されました。食品など生活必需品については従来の8%が適用されますが、それ以外のものについては10%となりました。客として購入する場合はそこまで面倒ではないのですが、事業者は大変です。

事業者は消費者が支払った額から消費税を差し引いて消費税を納めます。従来は8%と一律だったため計算は単純でしたが、2019年以降は商品によって計算が必要なため事務の煩雑さが増しました。例えば、従来は事業者は帳簿と請求書の保存しか義務づけられていませんでしたが、軽減税率が導入されてからは適用税率や税額が記載された適格請求書というものの保存義務が生じました。適切に記載されたものしか控除されなくなったので事業者にとっては大変です。

商品ごとに消費税の適用税率や税額を記した請求書のことをインボイスと言います。軽減税率の既に導入されていたヨーロッパでは既に馴染みにのものとなっていましたが、日本式のインボイスである「適格請求書保存方式」に事業者は23年10月までに対応しなければなりません。それまでは食品全体をまとめて8%、それ以外を10%というようにまとめて記載することも可能ですが、23年からは商品ごとに記載しなければなりません。事業者にとっては従来の仕組みが使えなくなるので大変です。

ただ、これを気にシステムの刷新などができるチャンスと捉えて頑張って欲しいものです。変化はニュートラルなものなのでいい方向になっていくといいと思います。この辺に補助金とは出てればいいのになと門外漢ながら思います。

0

⭐️Brighten up your day with NP-Systems⭐️


this is single-default.php