このサイトは、Braveブラウザのプロジェクトに参加しています。Braveブラウザは新しいインターネットの形を提案するブラウザです。

   =>詳しくはこちら(Braveとブラウザとは)

ICO、海外で規制されてるよ。投資をするなら普通に株が良さげ

0

ICOは、イニシャルコインオファリングの略で、暗号通貨を通じた資金調達の仕組みです。資金調達の仕組みとしては、従来はIPO(新規株式公開)が一般的でしたが、それよりも簡便な資金調達手段としてICOが存在します。2チャンネルが発行するMONAコインや国際送金の手段であるXRP(リップル)などが当たります。投資家としては事業成功後に売却による利益が見込めることや、次世代の技術へ貢献貢献できるため、近年大型化している資金調達手段です。

初めてICOが行われたのは2013年で、それ以降実施例がふえ、暗号通貨バブルの起こった2017年に調達額が一気に大型化しています。2018年の調達額は16億4000万ドルということです。

一方、暗号通貨自身は実態を持たないためICOを語った詐欺事件や事業計画の甘さに起因するトラブルなども多いのが現状です。このため、米国では認可を受けずにICOを行うことは禁止されている他、中国や韓国ではICOは全面禁止となっております。金融庁が規制の検討に乗り出しているとのことで、信頼性が確かめられないICOは注意が必要です。

個人的にはICOは否定的です。国際送金で使えるXRPや次世代のインターネットの仕組みを提案するBAT(https://np-sys.com/general/brave-brower-is-good/)、Facebookのリブラなど魅力的な物があるのは事実ですが、ほとんどの投資家はそれをツールではなく投機の対象として見ることが多いからです。例えば国際送金のXRPは便利だと思いますが、それは使われて初めて意味を持つ物であり、使う前に「価格が上がるだろう」という動機で購入されることが多い現状では投資の本質が損なわれているためです。

それよりも普通に株やクラウドファンディングを利用した方がいいと個人的には思います。なお、私は使うことで応援したいと思っています。次世代のインターネットの仕組みを支えるBATは応援しています。

0

⭐️Brighten up your day with NP-Systems⭐️


this is single-default.php