this is single-default.php
general

Pythonでwordpressに自動で投稿する(python-wordpress-xmlrpc)

WordPressへ自動投稿する場合、プラグインやライブラリをPython側に入れるかWordPres側に入れるかで2通りの方法があります。

RESTの方が汎用性は高い一方で、テーマによっては使えないことがあります。XML-rpcの場合は昔からあるので安定感はあります。私はWordPressのプラグインを増やしたくなので後者の方を利用するようにしています。

環境

動作環境はWindows10 64bitでPython3.6.5(Anaconda3.5.1-0)。 Mac Python3.8とXserverのターミナル(Python3.8)からもうまく動作しました。

コード

pip install python-wordpress-xmlrpc

でライブラリを入れました。
(conda install ***だとファイルが見つからなかったので、 Anaconda環境であったがpipで入れました)

あとは下記のコードを実行するだけです。


# -*- coding: utf-8 -*-
import time
from datetime import datetime
from wordpress_xmlrpc import Client, WordPressPost
from wordpress_xmlrpc.methods.users import GetUserInfo
from wordpress_xmlrpc.methods.posts import GetPosts, NewPost
def main():
    """
    変数を定義
    """
    id="******"
    password="******"
    #idとpasswordはwordpressの管理画面に入るためのもの

    url="https:***/xmlrpc.php"
    #第3者が閲覧するURLの後ろに/xmlrpc.phpをつける。
    #ワードプレスの管理画面の後ろにつけるとエラーになった

    which="publish"
    #which="draft"
    #下書きに投稿するか本番で投稿するか選択

    """
    クライアントの呼び出しなど
    """
    wp = Client(url, id,password)
    post = WordPressPost()

    """
    実際に投稿する
    """
    post.post_status = which
    post.title = "タイトルをここに書く"
    post.content = "本文をここに書く"
    post.terms_names = {
    "post_tag": ['希望するtag1', '希望するtag2'],
    "category": ['希望するカテゴリー1', '希望するカテゴリー2'],
    }
    #過去に投稿した記事としたい場合、投稿日をここで指定。例として2018年1月1日10時5分10秒に投稿した例を示す。
    post.date=datetime.strptime("2018/1/01 10:05:10","%Y/%m/%d %H:%M:%S")
    wp.call(NewPost(post))

if __name__=="__main__":
   main()

手元のPCはWIndowsでも Macでも動作確認しています。Xserverのターミナルからもうまく動作しました。しかし、以前Google Cloud Platformからのみはできなかった記憶があります。

Brighten up your day

with NP-Systems