投稿

Angular(Ionic)で非同期通信を実装する

フロントエンドアプリケーションフレームワークであるAngular(Ionic)で非同期通信を実装する方法をサンプルアプリとして紹介します。動作確認用にPythonで作成したバックエンドコード付きです。

Angularの場合、非同期通信を実装するにはHttpClientModuleをapp.module.tsに追加して、tsファイルで呼び出して使うだけです。AngularはReactと異なりフルスタックなので、この辺の安心感はReactにはるかに勝ると思います。

Angular公式サイトの説明

ソースコードの素性

ソースコードの素性ですが、Ionic(Aunglar)のblankアプリから実装しました。なお、バックエンドのサンプルコードも作成しましたが、こちらはPythonのFlaskを使っています。Flaskでホスティングした http;//127.0.0.1:5000 のURLを叩いてデータを取ってくるアプリです。
GitHubにコードあげたのでそのまま動作確認できると思います。

環境

フロントエンド

Angular CLI: 10.0.5
Ionic CLI : 6.10.0
Node: 12.18.0

バックエンド

Python 3.7.3
Flask 1.1.2
Flask-Cors 3.0.9

コード

app.module.ts

app.module.tsに
import { HttpClientModule } from ‘@angular/common/http’;
を追加します。importするのも忘れずに

import { NgModule } from '@angular/core';
import { BrowserModule } from '@angular/platform-browser';
import { RouteReuseStrategy } from '@angular/router';
import { HttpClientModule } from '@angular/common/http';

import { IonicModule, IonicRouteStrategy } from '@ionic/angular';
import { SplashScreen } from '@ionic-native/splash-screen/ngx';
import { StatusBar } from '@ionic-native/status-bar/ngx';

import { AppComponent } from './app.component';
import { AppRoutingModule } from './app-routing.module';

@NgModule({
  declarations: [AppComponent],
  entryComponents: [],
  imports: [BrowserModule,HttpClientModule, IonicModule.forRoot(), AppRoutingModule],
  providers: [
    StatusBar,
    SplashScreen,
    { provide: RouteReuseStrategy, useClass: IonicRouteStrategy }
  ],
  bootstrap: [AppComponent]
})
export class AppModule {}

Ionicの場合、moduleファイルが複数あるけど、app.module.tsにだけ書いておけば問題ないです。

home.page.ts

こちらには
import { HttpClient } from ‘@angular/common/http’;
import { DomSanitizer } from ‘@angular/platform-browser’;
の2つを追加します。あとは処理を書くだけです。

import { Component } from '@angular/core';
import { HttpClient } from '@angular/common/http';
import { DomSanitizer } from '@angular/platform-browser';

@Component({
  selector: 'app-home',
  templateUrl: 'home.page.html',
  styleUrls: ['home.page.scss'],
})
export class HomePage {
  unsafeImageUrl:any;
  imageUrl:any;

  constructor(
    private http: HttpClient,
    private sanitizer:DomSanitizer)
  {
    this.hello();
  }

  hello(){
    this.http.get('http://127.0.0.1:5000',{responseType:'blob'})
     .subscribe(
       (res:any) => {
         console.log(res);
         this.unsafeImageUrl = URL.createObjectURL(res);
         this.imageUrl = this.sanitizer.bypassSecurityTrustUrl(this.unsafeImageUrl);
       })
  }
}

home.page.html

htmlはを追加するだけです。

<ion-header [translucent]="true">
  <ion-toolbar>
    <ion-title>
      Blank
    </ion-title>
  </ion-toolbar>
</ion-header>

<ion-content [fullscreen]="true">
  <ion-header collapse="condense">
    <ion-toolbar>
      <ion-title size="large">Blank</ion-title>
    </ion-toolbar>
  </ion-header>

  <div id="container">
    <img [src]=imageUrl>
    <strong>Ready to create an app?</strong>
    <p>Start with Ionic <a target="_blank" rel="noopener noreferrer" href="https://ionicframework.com/docs/components">UI Components</a></p>
  </div>
</ion-content>

これでOK.anyを指定してしまっていますので書き方知っていたら教えてください。

バックエンド

バックエンドはこちら

# -*- coding: utf-8 -*-
import io
import numpy as np
import matplotlib
matplotlib.use('Agg')
import matplotlib.pyplot as plt
from flask import Flask, send_file
from flask_cors import CORS
import json

app = Flask(__name__)
CORS(app)

@app.route('/',methods=["GET","POST"])
def hello():
    image = io.BytesIO()
    x = np.linspace(0, 10)
    y = np.sin(x)
    plt.plot(x, y)
    plt.savefig(image, format='png')
    image.seek(0)
    return send_file(image,
                     attachment_filename="image.png",
                     as_attachment=True)

if __name__ == "__main__":
    app.run(host='127.0.0.1',debug=True)

AngularでWebAPIからblob形式で返された画像データを取得する方法

フロントエンドアプリケーションフレームワークであるAngular(Ionic)を使って、非同期通信で画像を読み込む方法をサンプルアプリとして紹介します。動作確認用にPythonで作成したバックエンドコード付きです。

Angularの場合、非同期通信を実装するにはHttpClientModuleをapp.module.tsに追加して、tsファイルで呼び出して使うだけです。画像の場合は、さらにresponseTypeに’blob’形式を指定し、DomSanitizerでサニタイズして読み込みます。HTML側は<img [src]=imageUrl>で行けます。

AngularはReactと異なりフルスタックなので、この辺の安心感があります。

参考にしたサイト

stackOverflow

ソースコード

githubはこちら

解説

app.module.ts

app.module.tsに
import { HttpClientModule } from ‘@angular/common/http’;
を追加します。importするのも忘れずに

import { NgModule } from '@angular/core';
import { BrowserModule } from '@angular/platform-browser';
import { RouteReuseStrategy } from '@angular/router';
import { HttpClientModule } from '@angular/common/http';

import { IonicModule, IonicRouteStrategy } from '@ionic/angular';
import { SplashScreen } from '@ionic-native/splash-screen/ngx';
import { StatusBar } from '@ionic-native/status-bar/ngx';

import { AppComponent } from './app.component';
import { AppRoutingModule } from './app-routing.module';

@NgModule({
  declarations: [AppComponent],
  entryComponents: [],
  imports: [BrowserModule,HttpClientModule, IonicModule.forRoot(), AppRoutingModule],
  providers: [
    StatusBar,
    SplashScreen,
    { provide: RouteReuseStrategy, useClass: IonicRouteStrategy }
  ],
  bootstrap: [AppComponent]
})
export class AppModule {}

Ionicの場合、moduleファイルが複数あリますが、app.module.tsにだけ書いておけば問題ないです。

home.page.ts

こちらには
import { HttpClient } from ‘@angular/common/http’;
import { DomSanitizer } from ‘@angular/platform-browser’;
の2つを追加します。あとは処理を書くだけです。

import { Component } from '@angular/core';
import { HttpClient } from '@angular/common/http';
import { DomSanitizer } from '@angular/platform-browser';

@Component({
  selector: 'app-home',
  templateUrl: 'home.page.html',
  styleUrls: ['home.page.scss'],
})
export class HomePage {
  unsafeImageUrl:any;
  imageUrl:any;

  constructor(
    private http: HttpClient,
    private sanitizer:DomSanitizer)
  {
    this.hello();
  }

  hello(){
    this.http.get('http://127.0.0.1:5000',{responseType:'blob'})
     .subscribe(
       (res:any) => {
         console.log(res);
         this.unsafeImageUrl = URL.createObjectURL(res);
         this.imageUrl = this.sanitizer.bypassSecurityTrustUrl(this.unsafeImageUrl);
       })
  }
}

これでOK。anyを指定してしまっていますので書き方知っていたら教えてください。

home.page.html

htmlはを追加するだけです。

<ion-header [translucent]="true">
  <ion-toolbar>
    <ion-title>
      Blank
    </ion-title>
  </ion-toolbar>
</ion-header>

<ion-content [fullscreen]="true">
  <ion-header collapse="condense">
    <ion-toolbar>
      <ion-title size="large">Blank</ion-title>
    </ion-toolbar>
  </ion-header>

  <div id="container">
    <img [src]=imageUrl>
    <strong>Ready to create an app?</strong>
    <p>Start with Ionic <a target="_blank" rel="noopener noreferrer" href="https://ionicframework.com/docs/components">UI Components</a></p>
  </div>
</ion-content>

バックエンド

バックエンドはこちら

# -*- coding: utf-8 -*-
import io
import numpy as np
import matplotlib
matplotlib.use('Agg')
import matplotlib.pyplot as plt
from flask import Flask, send_file
from flask_cors import CORS
import json

app = Flask(__name__)
CORS(app)

@app.route('/',methods=["GET","POST"])
def hello():
    image = io.BytesIO()
    x = np.linspace(0, 10)
    y = np.sin(x)
    plt.plot(x, y)
    plt.savefig(image, format='png')
    image.seek(0)
    return send_file(image,
                     attachment_filename="image.png",
                     as_attachment=True)

if __name__ == "__main__":
    app.run(host='127.0.0.1',debug=True)

個人・少人数のシステム開発にはAngularがオススメ

Angularとは

 GoogleのドキュメントやGCPで使われているAngularは、Googleが中心開発している JavaScript フレームワークです。AngularJSと混同されていている方もいらっしゃいますが、AngularJSのメリットを生かしたまま互換性のない形で生まれ変わったのがAngularです。Angularは、SPA (Single Page Application)と呼ばれる技術を用いて、従来のWebでは実現できなかった機能を提供する技術です。イメージ的には、従来のWebページよりアプリケーションよりのものを作りやすくなると感じています

SPAの特徴

 最近、従来のWeb技術では考えられなかったようなサイトが増えてきています。たとえば、オフラインでも動作するWebページやGoogleのドキュメントのように同じURLなのに検索ワードによって違う内容が表示されるページなどです。SPA (Single Page Application)ではindex.htmlだけを読み込み、そのあとはDOMの操作をフロントエンドで行って擬似的な遷移を行っています。これによりオフラインでも画面遷移ができたり、検索クエリによって動的にページを書き換えたりといったことができます。

SPAフレームワークにおけるAngularの特徴

 SPAのフレームワークはいくつかあります。Facebookの開発しているReact.jsなどが有名ですが、個人的にはReact.jsよりも断然Angularがおすすめです。Reactが最小限の本体とサードパーティのライブラリで構成されているのに対して、Angularは開発に必要な機能をすべて盛り込んだフルスタックです。開発に必要なデータバインディング、フォームバリデーション、非同期通信、ルーティング、テスタビリティ、セキュリティへの配慮など、一通りの機能がすべてあらかじめ用意されているので、Angular を選択することでコーディングに集中できます。ライブラリが複数あるとどれを使えばいいのか迷いますしライブラリ間の依存関係などを気にする必要が出てくると思いますが、そういった懸念から解放されコーディングに集中できることがAngularのメリットだと考えています。個人的にはAngularは「控えめにいって最高」のフレームワークです。

クロスプラットフォームなのもよい

わたしは個人でシステム開発をしているのですが、iOS用にSwiftで、Android用にKotlinで、そしてWeb用にJavaScriptで開発をしていたらいくら時間があってもたりません。そこで一つのソースコードでさまざまなプラットフォームで動作すればありがたいわけです。そこでクロスプラットフォームの仕組みとして「Ionic 」「Cordova」「NativeScript」「React Native」Electron」「Capacitor」「Xamarin」「Unity」などが候補にあがるわけですが、Angularは「Capacitor」というMacデスクトップアプリ、Windowsデスクトップアプリ、Web、iOS, Androidに出力できるこれまた最高のフレームワークと組み合わせることができます。したがって、Angularは効率的にプロジェクを作成し、それを複数のプラットフォームに同時に出力できるという夢のような生産性を実現するフレームワークです。

AngularJSとの非互換性について

Angularの前身であるAngularJSがあまりにも有名なため、AngularJSの終了から5年弱経っているのにまださまざまなところで混同されています。しかし、AngularはAngularJSで顕在化した問題を解決するべく、内部構造から細部に至るまで再設計され実装されています。

一般的にフルスタックフレームワークだと、開発規模が大きくなるにれバンドルされるファイルサイズが大きくなりパフォーマンス面で悪影響を与えることもあります。AngularJSでも顕在化したその問題を解決するために、AngularではJavaScript VM (Virtual Machine) フレンドリーな実行コードを生成することで実行速度を改善したり、AoT コンパイル(Ahead-of-Time Compilation)と呼ばれるビルド時に表示を高速化するための仕組み、さらに段階的にソースコードをよみこむLazyLoadingと呼ばれる仕組みを利用して高速化する方法も提供されるなどです。最初にAngularで開発するときに訳が分からなくなってしまいがちですが、AngularJSとは互換性がないということを覚えておくといいと思います。半年毎にバージョンが変わるのですが(例えばAngular8が現在のバージョンなら、半年後はAngular9がでる)これらには一部の機能を除いて互換性があります。

まとめと結論

SPAの技術の一つであるAngularについてまとめました。近年普及が急速に進んでいるPWAアプリ作成のフレームワークとして代表的な物で、一つのコードで複数のプラットフォームに出力できるクロスプラットフォーム性について記載しました。

Angularで個人で作ったアプリがあります。OCRという写真から文字を抜き出す技術を使って、ブログなどを早く書くためのツールです。これも一つのコードでAndroid ,Web,iOSに出力できるので大変便利でした。

iOS => https://apps.apple.com/app/id1497498494

Android => https://play.google.com/store/apps/details?id=com.rainbowsv2.ocr